ホーム

盆栽コラム


  盆栽・水石の源流を探る (須藤雨伯)

  茶道に見る芸術と哲

  盆栽文化論 

小林國雄 の改作コラム

台湾・玉山登山記 (真柏自生地)

フォト・ギャラリー ( 作家展 作品集)

山田登美男 の盆栽・四方山話

  
将軍の園芸癖が花開く!

  
名鉢!- 原田峯雲の銅盤研究

  
日本人の心情 - 和歌と盆栽の魅力

海外交流記

  ● 村興しに協力(上海 崇明島 港沿鎮園芸村)

  
胡楽國追悼盆栽展

  
フィリピンの盆栽

当協会の歩み (設立当時の 「会報」 資料)

当協会紹介


お問合わせ

2019年9月
S  M  T  W  T  F  S
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30                
 
村興しに協力(上海 崇明島 港沿鎮園芸村)

2019年 7月15日 - 18日


日本盆栽作家協会 小林 國雄 記
私の園で修行した上海崇明島の陳怡君からの依頼で盆栽のデモンストレーションを頼まれた。場所は崇明島の港沿鎮園芸村である。


(右端から、弟子の陳怡,周浪,筆者,黃有為,神康文)

村では大量の黄楊木(ツゲノキ)を生産し庭木や、黄楊木の工芸品を作っている。その中に黄楊木の盆栽も入れて村興しを計画しているのである。それで私を招いて黄楊木を使って盆栽にするデモンストレーションを行わせたのである。
園芸村に着くと私を歓迎する看板が沢山立っていた。政府の役人さん達が農園を案内してくれた。


(崇明島港沿鎮園芸村中央の盆栽園)



(崇明島の区長、李政氏。皐月に興味を示してくれた)

デモの会場には村民だけでなく上海市の大学生がバスで一時間半もかけ見学に来てくれた。神君の通訳で弟子の黄君と周君が私の助手をしてデモンストレーションが始まった。


(技術指導に関心を示す住民。)

黄楊木は葉が小さく密になるので盆栽に適した樹種であるが、花が小さく実も地味である。中国人の多くは派手な華美装飾を好むようである。



私は村おこしの企画の中に花が華美で盆栽にも出来る皐月を作る事も提案してみた。色彩豊かで四千種類もある皐月の花を綺麗に咲かせたら多くの人が皐月に魅せられると陳怡君と二人で政府の方に提案してみた。2021年には上海の崇明島が世界花博の会場となるので私に協力要請があった。日本で低迷している皐月を中国で復興してみたいものである。





(崇明島の湿潤な気候は盆栽の生育適地)


(村で開かれた私の個展)



……………………………………………………………………………………………………………


胡楽國追悼盆栽展

2019年 8月9日 - 10日


日本盆栽作家協会 小林 國雄 記

中国の盆栽界に大きく貢献をした胡楽國先生が昨年の8月に亡くなられ、今年の8月9日、10日と温州の雪山飯店で追悼盆栽展が開催され、私も招待され弔辞を述べた。会場には先生が創った盆栽が百鉢近く飾られた中で盆栽討論会が開かれた。


(追悼の意がこめられた陳列)


(悪天候を乗り越えての参加)


(趙慶泉(発言中)と胡先生の娘さん胡向陽)

胡先生の作風は大自然の風雪や厳しい環境の場所で試練を生き抜いた「生命の厳しさ」を表現した作風である。また鉢合わせのセンスも群を抜いている。なによりも胡先生の偉業は中国盆栽の普及と発展に大きく尽力された事です。多くの盆栽愛好家の指導と弟子達を育成した立派な人物でした。いたらない私のような人間でも盆栽を愛する情熱を高く評価して頂き、心より感謝しております。
胡楽國先生の教えは私を始め多くの盆栽愛好家や弟子達の心の中に生きています。私が中国から学んだ事は、日本で多く見られる三角形の同じ型をした盆栽ではなく、伸びやかで風趣風韻があり空間を創り幹や枝の線を引き出した作風である。
日本の盆栽は規格に嵌まった樹形が多く、国風展などを観ていてもほっとする樹が少なく疲れてしまう。私も盆栽を45年やって来てやっと盆栽が少し観えて来たところである。


(作風に流れのある双幹)


(自然味と作意が癒合した植付位置と枝配り)

日本の盆栽作家では清香園・山田登美男氏の作品には彼の盆栽に対峙する執念と心が感じられる。日本の若い作家がもっと目的意識を持って自分の作品を創り出して欲しいものである。


    
 
 
 
 
 
 

発行責任者:清香園 山田登美男 TEL 048-663-3931  事務局:江口信二 TEL 0480-92-3897